LEDはどのような分野でも同じ原理になります

###Site Name###

電子部品や家電品、そして電球などに利用されている素子としてLEDが有ります。

ここでは、電子部品としてのLEDについて説明を行っていきますが、LEDは発光ダイオードと呼ばれる半導体であり、どのような分野で利用されていても、同じ原理になります。

テーマパークダンサーを調べるならこのサイトです。

LEDには、2つの電極があります。


人気のランドセルの特徴をご紹介する情報です。

これは、通常のダイオードと同じで、アノードとカソードと言われる電極です。


介護福祉士の専門学校情報の失敗しない選び方を紹介します。

電気回路の中では、ダイオードは三角と1と言う文字を組み合わせた形で表現され、それを丸で囲む事でLEDと言う意味に代わります。

基本は、ダイオードであり、放出したエネルギーが光に変わるのがLEDになると言う違いなのです。

ポスティングに関するお役立ち情報サイトです。

LEDの電気回路上でのマークには、外側に向う矢印が書かれていたり、稲妻のマークが書かれている事があります。


これは、発光するという意味を持つ物で、光を放つ事からも、外側に向けて矢印マークが書かれているのです。
電流が流れる場合は、アノードからカソード側へと流れます。アノード側と乾電池のプラス側をショートし、乾電池のマイナス側と、ダイオードのカソード側の間に豆電球を接続すると、豆電球は点灯します。


大阪の一戸建ての初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

しかし、ダイオードのアノード端子と乾電池のマイナス側を接続すると、豆電球は点灯しません。

これは、ダイオードがアノードからカソードに向けて電流が流れるからなのです。

また、ダイオードには、電圧降下があり、一般的には60mVの電圧効果があると言います。


アノード側の電圧と、カソード側の電圧を、テスターを使い測定を行うと、マイナス60mVの電圧効果が起きている事が解ります。

普通のダイオードと発光ダイオードでもあるLEDの大きな違いは、放出したエネルギーを光に変換させるかどうかであり、基本的な原理は同じものとなります。
そのため、普通のダイオードに電圧を印加させても、発光ダイオードのように光る事は有りませんが、発光ダイオードを、普通のダイオードと同じ様に利用する事は可能なのです。


http://www.cse.yamanashi.ac.jp/
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc122000.html
http://www.csaj.jp/