サッカーというスポーツの進化

世界で最も人気なスポーツが何かと言われれば、僕は真っ先にサッカーだと答えます。

サッカーはほぼ毎年何らかの重要な大会が開かれており、それが1大陸だけの大会であろうと世界中の人がこのスポーツを観戦しています。


世界大会となれば何億人レベルで人々が熱狂します。

最近日本ではサッカー熱が上昇しています。

たかが親善試合であろうと20%は視聴率を取れています。

他のスポーツと比べればこれはとんでもないことです。

どうしてここまで人気を得ることになったのでしょうか。

そもそもこのスポーツは知っての通りイングランド発祥のスポーツです。


ラグビーと同じようなことを足のみで行うという発想で大学が考案しました。

対外試合を行う際、統一ルールを制定する必要があるため、協会式フットボール,associationfootball、というものになりました。

これがassocerと略され、最終的にsoccerという名前になりました。

つまりサッカーという名前はスラングです。

イギリスではフットボールといいます。
ただ、統一ルールはずっと今でも使われているというわけではなく、昔は一味違うルールになっていました。

たとえばオフサイドです。
今では(例外もありますが)パスが出たときに、味方がオフサイドポジション、つまり相手ゴールから数えて相手2人目より前の位置にいると適用されますが、昔は3人目でした。

なので、今は守備するディフェンダーは3,4人ですがそのころは2人でも足りていました。2-3-5というフォーメーションが定番でした。

今のこのスポーツの状況を比べると考えられないことです。

しかし、バランスを考えてルールが次第に変わっていき、今に至ります。


今は守備的ミッドフィルダー(MF)を2人、攻撃的MFを3人、そしてFWが一人の4-2-3-1が定番です。
その理由は守備的MFは1人だとどうしても対応しきれず、バランスが崩れてしまうからです。


攻撃的MFを多く配置することで攻撃に厚みを持たせるという意味合いもあります。


http://www.takamatsu-keirin.com/
http://www.smartschool.jp/
http://www.editor.co.jp/

テーマパークダンサーを調べるならこのサイトです。